第60回日本生体医工学会大会・第36回日本生体磁気学会大会

参加者の皆様へ

開催方式について

これまで、京都市勧業館「みやこめっせ」での完全現地開催をめざし準備を進めて参りましたが、昨今の新型コロナウイルス(COVID-19)の感染状況を鑑み、本大会につきましては、開催方式を現地開催およびオンライン開催の併用するハイブリッド形式へと変更することにいたしました。また、それに合わせて、会場も京都大学百周年時計台記念館へと変更させていただきますので、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
また、今回の開催方式の変更に伴い、演題募集の期限も併せて、延長させていただきました。最善の準備のもと、皆様に満足いただける大会にすべく努めておりますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

なお、今後の状況によりましてはさらに開催方式を変更させていただく可能性がございますので、何卒ご了承ください。(2021年2月15日)

セッション毎の開催方式は以下の通りです。

セッション 現地開催 オンライン開催
招聘講演
特別講演
教育講演
シンポジウム
パネルディスカッション
臨床工学技士啓発セッション
Young Investigator's Award
オーガナイズドセッション
一般講演